12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

本日のおすすめ

2012.01.31 (Tue)

「梅ちりめんパスタ」
梅風味のだしスープで食べる和風パスタ、そしてスープの具には地場のお野菜やきのこ入り!
香り良い海苔と大葉をお好みでトッピングして召し上がれ

「梅ゼリー」
梅風味のメレンゲを添えたほどよく甘酸っぱいゼリー。
ツルツルの食感にふわふわのメレンゲが楽しい季節限定デザートです。

今日のおすすめ0131
17:12  |  本日のおすすめ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2月のディナータイム実演

2012.01.30 (Mon)

今月のディナータイムのキッチンスタジオは「富士箱根山麓豚のハーブ焼き トマトソース」です。


富士箱根山麓豚は山のきれいな水で育ち、臭みのない地場産のお肉です。やわらかくジューシーに焼き上げた豚肉をキッチンスタジオにてお取分けいたします。
トマトの酸味と柔らかなお肉が絶妙。添えられたお野菜はもちろん地場産です。

「富士箱根山麓豚のハーブ焼き トマトソース」はディナータイムのキッチンスタジオコーナーにて常時提供しております。
ランチタイムはタイムサービスにてお召し上がりいただけます。(数量限定、時間不定)

今月のお肉
16:52  |  今月のキッチンスタジオ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2/5、6のスペシャルメニュー

2012.01.28 (Sat)

2月5日(日)5日(月)のディナータイム限定のスペシャルは「サバのあんかけ 中華風」です!

スペシャルメニュー0205

小田原魚市場より入荷のサバをサクサクに揚げ、あんをかけた中華風に仕上げます。サバの皮にはビタミンB2が豊富に含まれているため、摂取する際は、皮ごと食べるのが良いとされています。じっくり揚げていますので、皮はもちろん骨まで食べられます。まだまだ寒い日が続きますが、とろ~りあんかけで体もぽっかぽかに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1) 下のサービス券を印刷
2) ご来店時、スタッフにお渡しください
3) お料理(スペシャルメニュー)はスタッフがお席までお持ちいたします
(※印刷がうまくいかない、プリンターが使えない等はケータイの写メや口頭でも構いません)

クーポン0703
17:56  |  スペシャルメニュー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2月のメニュー

2012.01.26 (Thu)

2月メニューのテーマは「かまぼこの里は梅の里」

2月は梅のシーズン。
かまぼこの里は『梅の里』でもあります。
馴染みのある品種から珍しい品種まで、約30種類の紅梅・白梅が植えられております。年が明けて順々に咲いてゆき、4月頃まで楽しむことができます。そこで、えれんな ごっそ2月のメニューは梅にちなんだメニューで皆様をお迎えいたします。

梅干は食事バランスを整えるアルカリ性の役目として注目すべき食材。
ご飯やパンなどの主食に加え、肉や魚といったメインディッシュになるような食品は、その多くが酸性食品です。私たちの現代生活では、どうしてもこれらの酸性食品が中心になりがちですが、健康のためには血液や細胞液といった体液を弱酸性に保つ必要があります。牛肉100gを食べる時は、梅干し5gで中和されるので、野菜を大量に食べるよりも効率的な食事バランスになります。
そのままでは食べにくい梅も、料理に加えたり工夫することでよりもっと身近な食材として活躍させていただきたいなと思います

今月のメニュー
16:38  |  今月のメニュー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

雪が降りましたね

2012.01.24 (Tue)

今日は昨日からの雪で箱根の山は真っ白に
オープン時間にまたちらちらと降り始め、12時頃には前が見えなくなるほどの大雪になっていました。小田原は都内などに比べ温かい土地で、積もるほどの雪はめったに見られない為、お店の周りの写真を載せてみました。
季節の移り変わりが薄れている現代、自然の偉大さを実感した一日でした。

また、お足元の悪い中ご来店いただきました皆様、本当にありがとうございました。


yuki01.jpg
yuki02.jpg
テラスサイドの席では箱根の山を眺めながらお食事ができます。
雪見ランチ、いかがだったでしょうか?

yuki03.jpg
yuki04.jpg
ショップからの写真。
普段見慣れている風景ですが、雪の白さで際立ち、山がこんなに近くにあったのだなと…迫力があり、ぜひ実際にご覧になっていただきたかったです
15:49  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT